IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3306591

Apple: 新iPodシリーズ、iTunes 7、iTunes Storeが発表

各地で話題になっているが、新しいiPod、iPod nano、iPod shuffleが発表された。 これに加えて、iTunes Music Store改めiTunes Storeでの映画の配信と、それに対応したiTunes 7も発表された。

新iPodはiPod 6Gというわけではなく、第五世代のマイナーチェンジという形のようだ。 iTunes Storeで開始された映画配信への対応や、同じく配信が始まったゲームも遊べるようだ。 私は映画を見ると言うよりは音楽+運転とか、音楽+読書というパターンが多いので、こういう方向への機能の発展には正直なところ興味が持てない。 バッテリーの保ちは良くなっているようなので、それは興味深い。

新iPod nanoはiPod miniの様なメタリックな外見になり、色もバリエーションが増えた。 個人的には、白と黒のシンプルさが好きだったが、こういうカラフルさはiPod miniの人気の一つだったらしいから、これでnanoへ買い換える人も多くなるのではないだろうか。 まあ、ただそもそも、私のライブラリは写真やPodcastを含めて20GBくらいあるので、nanoでは不十分なのであるが。

新iPod shuffleは今回私が一番感心した商品だ。 nanoの発売以後、shuffleの存在感は薄くなる一方だったが、こういうベルトに付ける商品となったことで、存在感が増したと思う。 ただ、日本ではこういう使い方はあまり一般的ではないというか、使い方を限定してしまうことは結構リスクのある選択だと思う。 日本では当分nanoが一番売れ続けるような気がする。

iTunes 7は早速ダウンロードして試してみた。 新しくなったUIも特に違和感なく使えるのは流石だろう。 アルバムジャケットを前面に出したUIが報道されているが、以前のタイプのUIも選択可能である。 ライブラリを見るときには、やはり従来のジャンル・アーティスト・アルバムという三層構造が便利だと思う。 これがパーティーシャッフルで曲を聴いているときには前後の曲のジャケットが表示されるので結構楽しい。 しかも、これまでAmazon.co.jpやGoogleイメージ検索でいちいち探してきていたジャケット画像だが、iTunes Storeからの無料ダウンロード機能が備わっているのが嬉しい。 ただ、私の持っているCDでジャケットが無いようなCDはやはりマイナーなので、iTunes Storeでもジャケット画像を持っていないらしく、ダウンロードされなかった。

以上、全般的に否定的な意見を重ねたが、これはもちろんかなり期待していたCore 2 Duo搭載Mac Book Proが発表されなかったからと言うこともある(笑)。 ただ、一部報道によれば、近々また別の発表があるとも受け取れる発言をJobs氏がしていたとの情報もある。 本当に楽しみなので、早く発表して欲しいものだ。