IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3117023

空の軌跡SC: 英雄伝説 空の軌跡 the 3rdの発売が決定

ファルコムメールマガジンからの情報によると、英雄伝説 空の軌跡 the 3rdの発売が決定したとのこと。 空の軌跡 the 3rdに関するIR情報(PDF注意)によれば、発売日は2007年6月28日。 もう3ヶ月先と間もなくで驚いた。 FalcomサイトのHOT INFORMATIONにも情報がある。

Falcom自身はSCが完結編、とさんざん言っていたような気もするが、やはり予想通り、空の女神シリーズの続編が来た。 一枚しかない画像には、最前面に主人公らしきシスター、そのすぐ後ろにケビンが映っており、さらに背景の建物も教会っぽいから、今回の話の中心は教会勢力となることが予想できる。 シスターは帯剣しているので、エステルのように直接攻撃主体のキャラクターになると思われる。 ケビンは弓装備なので、補助およびアーツ担当か。 シスターはケビンと一緒に行動するのだろうから、星杯騎士団の団員か、あるいはそこに近い存在であると考えられる。

その二人の後ろには、エステルとヨシュアも映っている。 これも予感通りと言うか、英雄伝説V 海の檻歌の通り。 エステルとヨシュアが深くパーティーに関わるようになると、英雄伝説Vのパーティー構成のようになり、パーティー人数が6人になってしまうのではないかと危惧する。 6人パーティーはシステムがまず複雑で、戦術も練りにくかったので、the 3rdでは同じ失敗を繰り返してほしくないところだ。

建物の前の当たりにはレンとリシャールが登場している。 私は当初、舞台が別の国に移ることを予想していたが、リシャールの登場でこれは確信に近づいた。 彼はリベールでおおっぴらに活躍することは出来ないから、舞台はリベール国外になりそうだ。 背を向けて立っているので、直接ユーザーが操作できるほどの協力関係にはならなさそうだが、助太刀するかたちでところどころに現れそうな感じだ。 レンの登場はある意味当然で、プレイヤーキャラクター側に取り込めるのかどうかが気になるところ。 描かれてはいないが、その他の執行者とのからみもあるので、SCまでのプレイヤーキャラクター(特にシェラとジン)もなんらかの形で登場することは間違いない。

とまあ、色々と妄想してみたが、何にせよ発売が3ヶ月後なので、楽しみに待つことにしたい。 一つ残念なのはゲームタイトルが単に「空の軌跡 the 3rd」となったことで、出来れば他のタイトルをつけて欲しかった。 それだけの意気込みをFalcomから受け取りたかったのだが、それはかなわなかったようだ。