IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3324590

映画: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団を観てきた

映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観てきた。 原作も映画もどこまで読んだ/観たのか良くわからない状況だったが、映画の方は海外出張の飛行機の中で観たので安心して映画の最新作を観てきた。 既に先行公開は先週あったようだが、一応昨日が初日、しかも学校は夏休みと言うことで、大変な混雑なのではないかと恐れていたが、案外と言うか意外なほど空いていた。 中央から後ろの見やすい席はほとんどいっぱいだったものの、前の方3分の1は空席であり、もちろん立ち見など無い。 映画離れは深刻ではないだろうか。

話がそれたが、映画の方は良くまとめたなあと言う感じだった。 これまでの映画は原作を読んでから観ていたので、「これほど省略しても大丈夫なのか」と不思議に思っていたが、原作をほとんど読んでいない状態で映画を見てみると、案外筋は通っており、わかりやすかった。 一方で良く言われるように、キャスト達がぐんぐん大人っぽくなってきているのが、やはり気になった。 個人的にはネビルの背が伸びてぐんと頼もしい感じになっているのが印象的だった。

さて、原作の本の方は最終となる第7巻まで出版されてしまったが、こちらを読むかどうかが個人的には問題だ。 不死鳥の騎士団も、購入したところまでは覚えているのだが、自分が読む前に実家に持っていったきり、それまでになっているし、もちろん謎の王子も購入していない。 他に読みたい本もあるので、どうしようか迷っている。