IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3274604

: インドの30万円車が発表される

かねてより話題になっていたインドTata Motors社の10万ルピー(30万円)車であるが、現在開催中のモーターショー「AUTO EXPO 2008」にて「nano」と言う名前で発表された。 事前にはその価格は不可能、高速で走れないのではないかなどの意見もあったように思うが、最高速度の設定は105km/hとなっている。 ただし、価格の達成のためにエアコンを始めとする装備はかなり省かれているようで、30万円の車の利用が現実的かどうかは不透明なようだ。

一方、Bajaj Autoと言う会社からも、10万ルピー程度の価格を想定した「LITE」が発表されている。 LITEもnanoと同じく、RR車になっているそうである。 車のデザインは記事中にもあるように日本の軽自動車に近い印象を受けた。 内装の構成なども似ているそうで、そのためなのか、価格は10万ルピーよりは高くなってしまうようだ。

Tataの記事にあるスズキとの戦略比較が面白い。 従来からインドの小型車に強かったスズキは、その中でも高級化しようとしているそうである。 インドの経済成長を考えれば、自然な選択と言えるのだろう。 一方、Tataはさらに低価格を追求していると言うことで、利用者の拡大を狙ったと言うことだろうか。 インドの圧倒的な人口を考えれば、より低価格な車を出した方が数は売れるように思えるが、利益としてはどうなのだろうか。 今後どうなるのか興味深い。