IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3265831

Apple: Safari 4 Betaが登場

AppleからSafari 4 Betaが発表されたダウンロードすることも可能なので、早速インストールしてみた。 この記事も、Safari 4 Betaから投稿している。

まず目につく新機能は「Top Sites」と名付けられた、よく使うサイトにアクセスしやすくする機能。 OperaのSpeed Dialに始まり、Google Chromeにも同じ機能が搭載されているが、Safariではその表示方法をワイドスクリーン風にスタイリッシュにしている。 私はOperaは最近使っていないのだが、使い勝手はGoogle Chromeとほぼ同じ。 Safariは表示されるサムネイルの数は多いが、「最近追加したブックマーク」「最近閉じたタブ」を表示する機能はないようだ。

同じWebKitをベースにするGoogle Chromeを参考にしたのかな、と思われる機能は他にもある。 タブバーがタイトルバーと一体化しており、Chromeと同じ形式だ。 タブを追加ボタンは右上の角に固定となった。 私はタブを追加ボタンは左端に置くことが多いので、この配置換えにはまだ慣れないが、コンテンツの表示部分が広くなったことは歓迎出来る。

履歴の表示方法にCover Flowを採用したのはいかにもApple製ブラウザらしい。 サイトのサムネイルが表示されるので、履歴を探しやすくなったと思う。 既にFirefoxには搭載されていた機能だが、全体を検索できる機能も便利だ。

新しいJavaScriptエンジンであるNitroだが、確かにGoogle リーダーで多数のリスト表示をさせた時の更新速度が速くなっているように感じる。 はっきりと違いが目に見える訳ではないものの、これから使って行くに従って実感出来るのではないかと期待している。 Firefox 3.1もJavaScriptエンジンが高速化するそうなので、そちらのリリースも楽しみだ。

基礎部分の機能の関連では、Web標準への対応も進んでいるようだ。 スコアが100となったことで話題にもなっていたAcid 3 テストだが、やってみたら確かに100/100となった。

そして、この記事を書くときに気がついたが、Movable Type 4はSafariにもしかすると完全には対応していなかったのかもしれない。 Safariはテキストボックスの大きさを自由に変えることができたが、本文を記入するテキストボックスの横幅がほぼ最小になってしまっていた。 広げれば問題なく記入は出来るものの、最初どういうことかわからず焦ってしまった。

追記

と思っていたら、やはりMovable Type 4とは相性が悪いようだ。 投稿したところ記事の中身が空白になってしまい、あわてて今Firefoxから投稿し直している。 履歴を戻ってもテキストボックスの中身が残っていて良かった。 また、カテゴリの指定も出来ないようだ。 Safari 4 Betaでは、Movable Typeは実用にはならないようだ。 残念としか言いようが無い。

一方、Windows版を見てみるといつものことながら日本語の表示がおかしい。 タイトルバーはきちんと表示されるが、ブックマークバーはアルファベットと思われる部分まで文字化けしているし、コンテンツ描画の日本語も全て文字化けしている。 英語版のBeta版と言うこともあるが、全く実用にはならないレベルだ。 ただ、ページメニューのボタンと設定ボタンの配置がGoogle Chromeに似ていることは興味深い。 同じWebKitベースだから似るのかもしれないが、全体的にChromeを参考にしたと言う印象は拭えない。