IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3542182

: DEATH NOTE (12)

今日が発売日だったようで、早速購入。 既に連載が終了しており、コミックスも最終巻だと知っていたので、とにかく最後が知りたかった。 思わず、車を本屋の駐車場に停めたまま、読み終えてしまったほどだ。

ラストはある意味、少年漫画としてはきちんと終わったと言うか、これまでの伏線に沿って終了している。 終盤の頭脳戦は正直なところちょっと物足りなかったと言うか、裏の裏の裏まで・・・と言う部分が少し足りなかったように思う。 準備万端といいつつも、今ひとつ配慮が足りないと言うか、どこか不満点が残る。

作中ではそう言う、読者が感じるであろう感情にも配慮されていて、最終話での松田と井出の二人の会話につながっている。 改めて、よく出来た漫画だと感じた。 少年漫画誌に掲載されたことの是非はあるようだが、会心作だったと言っても過言ではあるまい。