IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3319010

2006年8月24日

食事: 「ばりきや」がいろいろ改装していた

天川大橋のところにある「ばりきや」に久しぶりに行ったが、店内が改装されていて、座敷席が出来ていた。 前に行ったときがちょうと店内改装直後で、そのときは座敷がなかったように思ったが、また改装祝いの花輪が飾ってあったので、おやっと思ったら座敷が出来ていたらしい。 そのときたまたまだったのかもしれないが、以前チーフっぽく働いていた人がいなくなり、若い人に交替していた。 それともう一つ、替え玉に乗ってくるネギが、以前は小ネギだったのに、今は長ネギになっていた。 こだわっている点なのかと思っていたが、そうでもなかったらしい。 小ネギの方が味は好きだし、色も映えるので良いと思うのだが、価格が高いのだろうか。

日常: 三菱東京UFJ銀行が手数料無料ATMとの提携解除へ

毎日新聞の「三菱東京UFJ:東京スター銀とのATM提携解除」と言う記事を受けて、Slashdot Japanでも、「無料ATMが消滅の危機?」と言うストーリーが掲載されている。 手数料無料ATMが増えてきたことで、自らが支払う手数料が負担になるので契約解除、と言うことらしい。 この三菱東京UFJ銀行が支払う手数料というのは、手数料無料ATMを同行の顧客が利用したことに対する手数料で、このお金が利用者側の手数料無料分を保管し、ATMの設置料金をまかなっているということのようだ。

そんなATMを設置してきた東京スター銀行は、Linuxを利用した安価なATMを設置しているそうだ。 私はこの便利なサービスを残念ながら使ったことがないのだが、記事を見ていると、これまでの銀行が顧客に不便を強いていたのを観て、そうしたコスト削減努力をした上で、利用者への利益となるサービスを展開していたようである。 一方の三菱東京UFJ銀行や、これに同情して契約解除へ動く大手銀行達は、顧客には手数料の支払いを強いておきながら、自分が払う段になるとそれはお断り、と言うのはあまりにも身勝手ではないか。 この記事を読んですぐに思ったのは、大手銀行側は自分のところに預金をしてもらっているはずの顧客の方を全く見ずに物事を考えていると言うことだ。

航空業界では、格安航空会社に対して狙い打ちをした値下げをするなど、やり方はえげつないものではあったがそれでも値下げは行って、利用者の利便性は向上した。 今回のATMの話は、利用者の利便性はどうみても低下している。 彼らは本当にサービスをする気があるのだろうか。 「個人なんて預金額もたかがしれているからサービスする必要はない」と言われているような気がして、なんとも嫌な気分になった。