IrodorI One-Poem World

Version 3.0.1mt Build 3102125

2008年2月29日

コンピュータ: 恵比寿駅で電子ペーパー実験中

東京の恵比寿駅改札で電子ペーパーを使った広告が実験中とのことだ。 先月末に発表されたauのW61Hにも電子ペーパーディスプレイが搭載されていたが、今回はその低消費電力と薄さを活かして、自動改札に取り付ける広告に応用するというもの。 富士通と日立の製品を並べて比較しており、それぞれ方式の違いから解像度や色の表現力に差があるそうだ。

ICカードが主流なので広告の効果は疑問との指摘もされているが、意外となんとなく視界にあったものでも繰り返し見ていれば記憶には残るような気もする。 むしろ、JR東日本の担当者が「表示が目立ちすぎると改札が混雑する」と言っている部分の方が大きな問題のような気がする。 ならばそもそも改札に広告を設置することが混雑を招く一因と言うことになり、鉄道会社としては設置するべきではないと思う。 目立たない広告の方が望ましいと言うのも、高い費用を払っている広告主に対して失礼な話だ。 せっかくの電子ペーパー技術だが、広告として活用するのならば車内など別の場所に設置する方が良いように思った。

2008年2月28日

コンピュータ: Lenovo、薄型軽量のThinkPad X300を発表

Lenovoからリアル・モバイルノートThinkPad X300が発表された。 1,440×900ドット表示の13.3インチ液晶に光学ドライブを搭載しつつ、重量は1.43kgに抑えたとのことで、かなり実用的なモバイルPCになっているようだ。 また、耐衝撃性も向上しているようで、ThinkPadの信頼性は何も犠牲にしていないとも書かれている。

このThinkPad X300だが、事前情報が漏れだしたタイミングからか、薄型軽量と言う相似点からか、MacBook Airと比較されることが多いようだ。 薄さやCPUの速さではMacBook Airの方が勝るものの、重さは同程度、ディスプレイ解像度や拡張性はThinkPad X300が上になっている。 デザインは個人の好みだが、今の私はMacBook Airに惹かれる。 Windowsしか使っていなかった10年前なら間違いなくThinkPad X300のデザインの方が好きだった。 まあOSが違う以上比較してもあまり意味は無いが、ほぼ同時期にMacとWindowsの双方で、同じようなサイズ・重量の製品が出てきたことは興味深い。

2008年2月27日

Apple: AppleがMacBook Proをアップデート

AppleがMacBook Proの新型を発表した。 このアップデートの最大の特徴は、MacBook Airと同じくマルチタッチのトラックパッドを搭載する点。 iPhoneやiPod touchのようなマルチタッチ操作が使えると言うことで、私もうらやましく感じる。 MacBook Proを購入してからまだ1年ちょっとであるが、次々に新商品が出てくるのは複雑な気分だ。 なお、旧モデルとのスペックの比較はASCII.jpの記事がわかりやすい。

2008年2月26日

ドライブ: 南房総へドライブ

房総の青い空と青い海

先日、房総半島南部へドライブに行ってきた。 アクアラインから館山自動車道方面へ向かい、国道410号・房総フラワーラインをずっと走って行く。 2月とは言え、さすがは南房総である。 東京よりはずっと暖かい。

続きを読む "南房総へドライブ" »

2008年2月25日

コンピュータ: HD DVD撤退関連記事

東芝のHD DVD事業からの撤退発表後、いろいろな記事が出ているのでまとめておきたい。

2008年2月24日

: 新型Fiat 500が日本でも発表される

新型フィアット500が日本でも発表された。 ルパン三世の愛車と言われて思い出す、あの小型車である。 特にカリオストロの城の冒頭で札束をまき散らしたり、カーチェイスを行っているシーンが印象深い。 既にヨーロッパでは発売されていたそうだが、日本でも発表会が行われたとのこと。 モンキー・パンチ氏が登場したり、新作アニメに新型が登場することが予告されたりと、日本市場の特殊性(?)を意識したプロモーションだったようだ。

しかし子供の頃アニメを見ていた頃は全く意識していなかったが、ルパンと言えばフランスと思っていたが、車はイタリア車だったわけだ。 ルブラン原作の怪盗紳士ルパンは愛国者と言う描写もあったと記憶している。 ルパン一世ならきっとフランス車を愛したのだろう。

モバイル: Gmailがauの絵文字の表示に対応

2008年2月23日

Web: Microsoftが無料ストレージSkyDriveを正式公開

コンピュータ: Microsoftが主要製品のAPIを公開

MicrosoftがWindows VistaやOfficeなどの主要製品のAPI公開したそうだ。 これは独占禁止法裁判への対策のためとのこと。 オープンソース開発者が利用しても法的措置は採らないと言う方針だそうで、従来よりも「オープン路線」に転換することになる。

また、上記とは別件になるが、Office 97以降のバイナリ形式のOffice文書の仕様を公開している。 こちらは、XMLベースの新仕様「Open XML」をISO標準にするにあたり、開示を複数の國の標準化団体から求められたため公開することになったようだ。 理由は異なるものの、結果としては従来公開してこなかった情報を公開することになった訳で、Microsoftの姿勢が変化していることを示している。

2008年2月22日

旅行: 日本一周気分が味わえる万歩計

Gizmodoで紹介されていた万歩計が面白い。 「日本一周歩数計の旅」と言う商品のようで、バーチャル日本一周が楽しめると言う。 日本一周は18,899kmとされていて、全国の地名・名産の情報が収録されている。 歩いた距離に応じてこうした情報が表示される仕組みのようだ。 歩く際のモチベーション維持に効果のある面白い仕組みと言える。

2008年2月21日

モバイル: auが家族間の通話を無料化

auが3月1日から家族間の通話を24時間無料にするとのこと。 もちろん条件があり、家族割だけではなく、誰でも割またはスマイルハート割引の契約が必要となる。 私は現在家族割と年割だけの状態なので、誰でも割を新しく追加する必要があるが、誰でも割は2年間の縛りがあり、気分的に受け付けないままである。 家族間の連絡はCメールがほとんどなので、無理に誰でも割を加える必要は無い。 対象の拡大も検討しているそうなので、今回は様子を見たいと思う。

一方、ソフトバンクは携帯電話・IP電話間の無料通話を地域・期間限定で受付中とのこと。 ソフトバンクモバイルのホワイトプランと、Yahoo! BBのBBフォンの両方を契約しているユーザーが無料で申し込むことができるそうで、契約者からはホワイトプラン→BBフォン、BBフォン→ソフトバンクモバイルの通話が無料になるそうだ。 全国展開については4月以降検討するとのことで、どういう結果になるか注目である。

2008年2月20日

コンピュータ: 東芝がHD DVDから撤退、終息へ

東芝がHD DVD事業から撤退、次世代DVD戦争に終止符が打たれることになった。 年明けの段階からコンテンツホルダの撤退が相次ぐなど、HD DVDの先行きは悪かったが、とうとう結論が出たと言う感想だ。 技術的には自信があるが、市場環境の変化を直視して対応したとのこと。 やはり、ワーナーの撤退の影響が非常に大きかったようだ。

こうしたスピード決着となった背景には、それを望む市場の動きのスピードがあったようだ。 撤退の発表前に書かれた記事であるが、解説もされている

修理・アフターサービス、ディスク供給についてもきちんと対策をとって行くようだ。 説明会ではいろいろと突っ込んだ質問もされている。 また、ソニーは一本化 によってBD市場の急速な拡大を確信しているとのコメントを発表している。

Apple: Appleが最大5本指でマルチタッチする特許を申請

申請中の特許から、Appleが3本以上の指を使ったマルチタッチ技術についても開発を進めていることが判明したそうだ。 コピー&ペーストが3本指に割り当てられるなど、最大で5本指を使ったり、小指の側面でタッチした時を特異に識別するなどの技術を含むそうだ。 もちろん、この特許申請がすなわち商品の発売につながる訳ではないが、Appleのアイデアには楽しみにさせられる。

2008年2月19日

コンピュータ: Mozilla Messagingが業務開始

以前子会社として開発することが決まっていたThunderbirdであるが、その子会社のMozilla Messagingが業務を開始したそうだ。 最初の取り組みとなるのはThunderbird 3で、カレンダーの統合・検索機能の改良を目指しているとのこと。 私はMac OS XではApple Mailを使っているが、Windows上ではThunderbird 2を愛用している。 カレンダーは現在アドオンで利用しているが、統合されれば便利そうだ。 今後のMozilla Messagingの活動に期待したい。

2008年2月18日

モバイル: NVIDIAのAPX 2500は3D描画能力が売り

NVIDIAがAPX 2500を搭載した試作機を展示している。 APX 2500は超低消費電力、720p HD動画のエンコード・デコード機能、3D描画能力が売りのモバイル向けアプリケーションプロセッサとのこと。 アプリケーションプロセッサとは、CPUとGPUなどを組み合わせた統合チップのことらしい。

モバイル向けのプロセッサでここまでのことができると言うのは驚きで、技術が進歩したのだなあと感じる。 私のイメージではこうした高性能のグラフィックス機能はCPUよりも大きな電力を使っているものであったが、CPUの低消費電力の流れを受けて、GPUも低消費電力へ向かっているのだろうか。 よく考えてみればノートPC向けのGPUもあるわけで、それがさらに携帯端末サイズまでカバーするようになったと言うことだろうか。

2008年2月17日

: 新型デミオ開発の経緯

nikkei BPnetにて、マツダの新型デミオの開発について取り上げられていた。 第1回目が「挑戦〜車重を100kg軽くする」で、第2回目が「再設計〜1年間の作業を白紙に戻す」である。 女性にも売れるためのデザイン、車重を軽くすることのインパクトを土台として、居住性やカタログ燃費で微細な差を追求するのをやめ、思い切った転換を行ったことが紹介されている。

また、開発を進める手法に点いて、プロジェクトの目的をチーム全体が納得することで、120%の力を出せたと書かれている。 その結果、RJCカーオブザイヤーを受賞するに至るような車が作れたと言うことらしい。 また、先代のデミオは欧州フォード(フォードは当時マツダの親会社)が主導して製作したが、書類が多く、マツダ主導の今回の方がスピーディに開発が進められたそうだ。

小型化・軽量化を達成した新型デミオはやはりすごい車なのだろうが、私にとっては実用性がどうしてもフィットの方が高く感じてしまう。 新型デミオは100kg軽量化して990kgとなったそうだが、新型フィットは10kg重くなって1,010kgである。 自動車重量税が変わると言う意味では、この20kgの差は大きなものがあるが、どうしても先代デミオがより重かった、と言う印象を受けてしまう。 新型デミオのデザインは魅力だが、フィットの実用性は捨てがたい。 開発の経緯を見れば考えが変わるかと思ったが、そうはならなかった。

2008年2月16日

モバイル: Android搭載端末が登場

AndroidはGoogleが発表した携帯電話プラットフォームで、公開されていたSDKも、先日大規模なアップデートが予告されたばかりだ。 そのAndroidを搭載した端末の試作機がMobile World Congress 2008で展示されているようだ。 Androidの注目の高さを受けて、推進団体以外の半導体メーカーも展示を行っていたようだ。

現在のところ、Androidを使って何か特別なことができるわけではないそうだ。 むしろ、携帯電話機メーカーが何をしなくて済むかの方が重要とのことで、こうした共通のプラットフォームが準備されることで、開発コストが低減されることに意義があるそうだ。 KDDIのKCP+も同じ目的で開発されたものだと思うが、Androidの方が広まるような気がしてしまうのはなぜだろうか。

2008年2月15日

モバイル: ドコモが立山室堂でのムーバサービスを終了

ドコモがFOMAサービスのため、立山室堂でのムーバのサービス提供を終了するそうだ。 代替となる3Gサービスが用意されているとは言え、携帯電話のサービスエリアが縮小するのはきわめて珍しいことなのではないだろうか。 ドコモも山間部のため回線容量が不足していることが原因としている。

私も数年前に室堂から剱岳に登ったことがあるが、室堂周辺は登山の拠点としてだけではなく、黒部アルペンルートの観光地として、大変なにぎわいだったと記憶している。 そうした場所で携帯電話を使う人の数は年々増えていると考えられ、ドコモのこうした判断もやむを得ないのかもしれない。

Apple: MacBook Airが分解される動画

GizmodoにてMacBook Airの分解動画が掲載されている。 と言っても、ねじを外していって、内蔵のバッテリーを取り出すところまで。 バッテリーの取り外しなどは簡単に出来そうだ、とのこと。 これは、有償のバッテリー交換サービスをより平易に行うためと推測されている。 また、ハードディスクの交換も簡単そうとのこと。 とりあえず安価なハードディスク搭載で買って、値段がこなれてきた頃にSSDに交換する、と言ったことも出来る訳だ。

2008年2月14日

ゲーム: 45nmプロセス移行でPS3値下げへ?

PS3のCPU「Cell」の製造プロセスが65nmから45nmへ移行するそうだ。 これによってCellのチップ面積および消費電力が3割以上低減されるとのことで、PS3の値下げと小型化が期待されている。

別の記事によれば、45nmプロセスでは消費電力削減に工夫を重ねたそうで、PS3以外の用途に使われる高クロック版(6GHzなど。PS3は3.2GHzだそうだ)も、従来より低電圧で達成しているそうだ。 ただ、低コスト化のペースは従来より遅くなっているようだ。 これは、I/O部分のサイズが小さく出来ないことが原因のようだ。 チップの上下に空白が生じているほどで、この無駄な部分をなくすには、配置を変えるなどの最適化が必要とのこと。

とは言え、全体としてはサイズは小さくなっているし、コストは下がってきている。 これが即値下げにつながるとは言えないが、値下げの期待はしてしまう。 私個人はゲーム機としてよりは安価なBlu-rayプレーヤとして使いたいので、値下げを大いに期待したい。

2008年2月13日

モバイル: 電化製品の電源操作が出来るiPhoneアプリ

Gizmodoで紹介されているコンセプト段階のiPhoneアプリ「Current State」は、家庭またはオフィスの電化製品の電力消費状態、電源のオンオフ操作をiPhoneから遠隔で可能にするそうだ。 形容詞のcurrent(現在の)と名詞のcurrent(電流)をかけたネーミングと思われる。 コンセントにそれぞれ専用の部品(「Plug-Ends」)を取り付けてモニタと操作をおこなう仕組みになっている。 それぞれのPlug-Endsを設定するのにBluetoothを使っているようだが、遠隔操作にどういった方法を使うつもりなのかは良くわからない。 Macなどでいったん集中管理を行う方が良いようにも思える。

それにしても、いかにも近未来的で、なんだかわくわくさせられるアプリだ。 単に家庭内でリモコンとして使う分にも面白い。 コンセプト段階であるので今後また変化する可能性はあるだろうが、どういった形で完成するのか楽しみにしたい。 また、こうしたアプリは他の携帯電話でも作れるのだろうが、iPhoneだからこそこうした開発のターゲットになりやすいのかもしれない。 うらやましく感じる。

2008年2月12日

モバイル: ソニー・エリクソン XPERIA X1発表

ソニー・エリクソンが新ブランドのスマートフォン「XPERIA X1」を発表した。 プレミアム向け新ブランド「XPERIA」の1号機とのことで、QWERTYキーボードがアークスライド式に搭載されているところが目を引く。 かなりスマートなデザインで、使っていることに満足感を与えてくれるように感じる。 動画も公開されており、UIはHTCのTouchFLO的と書かれているが、噂(?)ではXPERIA X1はHTC製だとも言われているようだ。 いずれにしてもデザイン性を持ったWindows Mobile端末の登場は歓迎されており、今後の展開が楽しみだ。

Apple: SSDに差し替えたMacBook Airは性能に大差なし

あるユーザーがMacBook AirのハードディスクをSSDに差し替えて比較したベンチマークをおこなったところ、性能差はあまりないという結果に終わったようだ。 ディスクの性能にしても、SSDが完全に早いと言う訳でもなく、バッテリーの寿命にも改善は無かったようだ。 むろん、1ユーザーがベンチマークソフトを使ったと言う状況であるから、実用した場合の差はわからない。 実際、ディスク仕様が激しい場合のパフォーマンスは良いという感じもあったようなので、ランダムアクセス速度が速いと言うことは一定の効果があると思われる。

しかし、価格が高価な分、私のSSDへの期待は大きかった。 アクセス速度も圧倒的になり、稼働時間も大きく延びると思っていた。 その状態が安定的にもたらされると期待していたが、少なくとも反例が一つ挙げられてしまった訳だ。

気になる点は、差し替えたと言うSSDの素性だろうか。 あまり速くないSSDを使っていれば、パフォーマンスはあまり変わらないのも当然と言える。 最速をうたう24万円/64GBのSSDもあるので、こうした高速ドライブを使った際の性能差も今後わかってくると嬉しい。

2008年2月11日

登山: かなり凍っていた不動大滝

雪化粧の延命猿

ここ数年毎年見に行っている冬季の不動大滝。 昨年は暖冬の上3月に出かけたのでまったく凍っていなかったが、今年はなんとか2月に出かけることにした。

まだ雪もかなり残っており、登山口近くの延命猿の周りにも、写真の通り雪が残っていた。 実は登山口までの道もこれまでになく路面に雪が残っており、場所によっては凍結しているところもあった。 チェーンを装着して登山口まで行った訳だが、雪道で役立つ装備の記事に注目したのもこういう事情があったからだ。

続きを読む "かなり凍っていた不動大滝" »

: 雪道で役立つ装備

All Aboutに雪道でいざと言うときに役立つ装備が紹介されていた。 寒冷地用のワイパーや解氷用スプレーなどが紹介されていて、冬に東北などに出かける際には便利に違いない。

もう一つ、これまで気がついていなくてためになったのは、ウィンドーの凍結を溶かすため、お湯をかけるという方法もありますが、あまりおススメはできませんと言う点。 冷えたガラスに熱いお湯をかけると、ガラスが割れてしまうこともあるそうだ。 言われてみれば納得出来るが、これまでそういう意識は欠けていた。 幸い、これまでお湯をかけてガラスが割れたことはないが、これからはスプレーを用意するなど、別の方法を使うようにしたい。

2008年2月10日

Web: Google Maps APIのドキュメントが日本語化

Google マップ APIの日本語ドキュメントが公開されたそうだ。 これまでは英語の文書しかなかったそうだが、日本語の文書も出来たので利用しやすくなった、とのこと。 私も興味があるので少しだけ読んでみたが、最低限JavaScriptでプログラミングが出来ないと、使うことは難しいようだ。 サンプルなども見て勉強し、いずれは何か作れるようになりたいものだ。

2008年2月 9日

: 三菱i MiEVの実証走行試験が開始

研究用試作車が開発され、スポーツタイプも発表されていた三菱のi MiEVであるが、実証走行試験を開始したそうだ。 研究用試作車を使った試験の結果から、第二弾の試験となったそうで、計10台が東京電力に引き渡されたようだ。 早く実用に近づくと良いものである。

i MiEV試乗レポートも発表されている。 実用に耐えうる電気自動車として評価されており、走りもまずますのようだ。 最高速度130km/h、巡航距離160kmと他の車に対して見劣りする部分もあるが、これらは未だ割り切りが必要な点であるとのこと。 記事にもあるが、日常的な利用の範囲であれば問題の無い範囲であり、一般販売も可能なレベルではないかと思われる。 今後、充電スタンドなどの整備が望まれるが、電気自動車を私が運転出来るようになるのも、そう遠い未来ではなさそうだ。

2008年2月 8日

Web: ライブドアのFastladderがオープンソースに

ライブドアがRSSリーダーのFastladderをオープンソースとして公開したそうだ。 Fastladderはサーバにインストールして使用するRSSリーダーで、単体でも動作するWindows版も用意されている。

元々はWebサービスのlivedoor Readerで、その英語版サービスがFastladderだったそうだ。 私はGoogle Readerを使っているが、livedoor Readerは高速であることが売り物らしい。 今のところGoogle Readerのスピードに不満は無く、スター機能を便利に使っているので、特に乗り換えるつもりはないが、オープンソース化で魅力的な機能が追加されれば、試してみる価値はあると思っている。

2008年2月 7日

: トヨタがカーナビ連動ブレーキアシストを開発

トヨタがカーナビと連動するブレーキアシストシステムを開発したそうだ。 仕組みは、カーナビに登録されている一時停止交差点の情報と、後部カメラの道路ペイント情報を組み合わせて場所を判断する。 その上で、一時停止線の100m前で案内、4秒前に注意喚起、急ブレーキの際にブレーキアシストを行うそうだ。

勝手に減速するところまでは行わないようだが、一時停止の標識が見にくいところにある場合もあり、こうした仕組みは頼もしい。 私も、直前に標識に気がつき、急ブレーキを踏んだことが何度かある。 ただ、運転手がシステムによる注意喚起に慣れてしまい、自分で標識を認識する努力を怠ってしまう可能性も無いとは言えない。 便利な機能があるからと言って、頼り切りにならないよう、引き続き注意をして行く必要はありそうだ。

2008年2月 6日

Apple: iPhone 16GBとiPod touch 32GBが登場

AppleがiPhoneとiPod touchの新製品を発表した。 いずれもメモリの容量を増やした製品で、iPhoneは16GB、iPod touchは32GBが追加になった。

プレスリリースにもある通り、メモリ容量はいくらあっても足りないもので、私も音楽や写真を全て持ち運ぼうとすれば、32GBでもやや足りないくらいだ。 ただ個人的に気になるのは、タッチスクリーンでは画面を見ないと操作出来ないこと。 これまでのiPodであれば、ポケットの中に入れたままでも、ホイールの場所を探り当てて操作出来たが、タッチスクリーンではそうはいかないだろう。 iPod touchは使ってみたいが、その点が気になって踏み切れないでいる。

2008年2月 5日

コンピュータ: FONがライブドアと提携

未だに取り寄せたままのFONであるが、livedoor Wirelessと提携して、エリアが拡大するそうだ。 FONは無料のWi-Fiコミュニティであるが、そのユーザがlivedoorのアクセスポイントも利用出来るようになると言うものだ。 屋外でWi-Fiの利用をほとんど行わないので、思っていたほど活用の糸口が見いだせないFONであるが、こうしてアクセスポイントが増えて行けば、利用の機会も増えるかもしれない。

2008年2月 4日

Web: MicrosoftがYahoo!買収を提案

MicrosoftがYahoo!に買収を提案したそうだ。 5兆円ちかい金額をかけたこの買収の目的は、Googleに対抗することここ数年、サービスの方向性が揺れていたMicrosoftが、GoogleのDouble Click買収やAndroid開発などで対応を迫られたと言う解説がされている。 Microsoftがそれだけの脅威をGoogleに感じていることに驚くとともに、これだけの投資をしても回収が見込めると言うのも驚くばかりだ。

なお、日本のヤフーにの関係を理解し変えることはないとしており、ソフトバンクが筆頭株主である日本では、この買収(仮に成功しても)による変化は小さいのかもしれない。

2008年2月 3日

写真: ソニー α350など発表

ソニーからデジタル一眼レフカメラの新しいエントリーモデルが発表された従来のα100の後継機種であるα200と、ライブビュー機能と可動式液晶を備えたα350である。 アメリカでは、α350とα200の中間と思われるα300も発表されている。 また、α700以上のフラッグシップモデルの年内投入も発表されていて、αシリーズも一通りラインアップが揃うことになる。

他に最近のデジタルカメラ関係のニュースで気になったものは次の通り。

我が家では、先日いつの間にか父がα100を購入していた。 価格を聞けば、α200の予想小売価格と大差がなかったようで、もう少し待ってから買えば良かったのに・・・と残念に思っている。

2008年2月 2日

: GarminがGPSナビ携帯nuvifoneを発表

2008年2月 1日

: 日産が新型GT-R 5台でSUPER GTに参戦

日産が2008年度のモータースポーツ活動について発表し、SUPER GTには新型GT-R 5台体制で参戦するそうだ。 既にSUPER GT仕様のGT-Rは写真が公開されていたが、現在のFairlady Zベースのマシンを全てGT-Rに置き換えると言うことになったらしい。 新型GT-R、そして日産の技術力をアピールする絶好の場所だし、日産が気合いを入れていることが想像される。

GyaOで放送していたこともあって、去年のシリーズは結構見ていた。 ホンダが好きなので、ARTA NSXがぶっちぎりで勝つのは観戦していて楽しかった。 今年もぜひNSXに頑張ってほしいが、この新型GT-Rの実力はどれほどだろうか。

: 光岡・オロチに廉価版が登場

光岡からオロチの廉価バージョン、オロチ・零が発表された。 一部装備を削ったり、塗装を統一して生産効率を上げた結果、従来の1197万円から262.5万円安い934.5万円になったそうだ。 安くなっても私が買える金額ではないが、割合を考えれば思い切った値引きと言える。 出荷当初は2007年の出荷分は完売などと好調が伝えられていたが、トータル400台限定の生産のうち、現在は70台ほどの注文となっているようだ。 オロチ・カブトと言う派生グレードは既に発表されていたが、売れ行きは思ったほど好調ではなかったと言うことなのだろうか。